こどもと遊ぼうとしまえん
こどもと楽しく遊ぶとしまえんガイド
子供と遊ぶ

各地のプールが営業中止に・・・としまえんプールの行方は?

としまえん ハイドロポリス

6月に入って、夏を身近に感じるようになりましたね。

そこで夏の風物詩といえばプールですが、このコロナウイルスの影響でプールにも暗雲が立ち込めています。

まだプール開きをしているところはなさそうですが、すでに今年の利用中止が発表されているところもあるようです。

としまえんプールがどうなるかは何も発表されていませんのでまだわからないことも多いのですが、各地の状況を記しておこうと思います。

公営プールは利用中止傾向?

宮崎市フェニックス自然動物園の流れるプールが新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度の利用中止を発表しています。

宮崎県の児湯郡新富町、富田浜公園プールでもコロナウィルス感染拡大防止のため、 開園中止になっています。

どちらも屋外の施設ですが感染リスクが拭えなかったのでしょうか?早々途中師になっています

一方ではジムのプールなんかは営業を再開していますから、統一的な規制ではなくて運営側の判断の違いなのでしょうね。

海水浴場でも開設中止も

福井県高浜町の若狭和田海水浴場など町内の海水浴場でコロナウイルス感染拡大防止のため開設しないことを決めたようです。ここは日本では初めて国際的な環境認証「ブルーフラッグ」を5年連続で取得している若狭和田海水浴場があるところです。あとは鎌倉市の由比ガ浜も取得しているみたいです。

ブルーフラッグとは

ブルーフラッグは1985年フランス発祥で、FEE(国際環境教育基金)が運用するプログラムです。世界で最も歴史のある環境認証のひとつで、ビーチやマリーナが対象です。認定されるためには、
1.水質
2.環境マネジメント
3.安全性・サービス
4.環境教育と情報
の4分野33項目の認証基準を全て満足し、毎年審査に合格する必要があります。

福井県高浜町公式HPより引用

こんな有名な海水浴場も解説されていません。

海水浴はもちろん屋外ですので3密は関係なさそうですが、浜茶屋での密集や海難救助の人員が確保が難しいようです。

ちなみに同じブルーフラッグの鎌倉市の由比ガ浜も2020年の海水浴場開設を中止するとのことです。わわわ。

一方で開設、営業の施設もありますよ

東海地方で有名なナガシマスリゾート、ジャンボ海水プールは7月4日オープンとなっていました。

また、宮崎市フェニックス自然動物園と同じ宮崎市の青島と白浜の海水浴場については、新型コロナウイルスの感染防止対策を行ったうえで、開設する方針を決めたようです。

やっぱり運営側の開催・非開催の意見ががちょうど交わる点にいるんでしょうね。どちらの判断もあり得るということですよ。

としまえんプールはどうかな

という判断が分かれる点ですので、これは都の要請というところよりかは、運営側の判断がでとなると思います。

今は東京アラートで、休業要請のSTEP3になるのが遅くなっている気もするので、そこんところはわかりませんよね。

運営側の気持ちもなんかわかる気持ちがします。

安全に運営できることを期待しております。

おわり