こどもと遊ぼうとしまえん
こどもと楽しく遊ぶとしまえんガイド
子ども向けアトラクション

としまえん子供といくよ アンチックカー

としまえん正面ゲート

としまえん~水と緑の遊園地~子供と遊べるアトラクションを紹介します。

アンチックカーです。これは穴場スポットといえるでしょう。

昔の貴族が乗っていそうなタイヤの大きな屋根のない車に乗ってコースを一周します。

子供も2歳~3歳くらいの子供向けかなと思います。自分で操作したい年頃の子供には物足りないかも。

料金は200円/人 所要時間は2分くらい。

身長110センチ未満は付添が必要です。

特徴

見た目が派手な車を運転できます。座席は普通のセダンみたいに前と後ろで4席あります。

運転席にはハンドル(右ハンドル)とその外側にクラクションみたいな風船があります。

操作できるのはこの2つ。但しハンドルはお決まりの空転します。(タイヤと連動していない。)

ですので道の真ん中にレールが敷いてあり、それに沿って自動で動きます。速度も一定です。

アトラクションの敷地は狭いけど、コースが蛇行しています。

一番の特徴は車のサイズが大きいということ。

これは外から見ている分にはあまり気づきませんでした。(これは結構、重要な要素かと)

ライド感想

子供は楽しいと思う。大人は乗っているだけ。(それでいい)

大人だと自分で操作できず、同じ速度で動くだけだと思ってしまいますが、子供にとっては違います。(想像)

この大きい車の運転席に一人で座って、ハンドルをクルクルできる。そしてクラクションも鳴らし放題。

これは本当の車ではすぐに止められます。

そう考えるとこのサイズに本当に意味があるのだと思います。

逆に大人は子供の夢中な姿を見ていればいいという、楽な乗り物とも言えます。

自分も外から見ている限り、どうもつまらなそうで敬遠していました。どこがいいのこれ??って。

たまたまのタイミングで乗っけてみたら案外ということです。

子供も自分で操作したい年頃の子供には物足りないと思います。

待ち時間はほぼなし

待ち時間はほぼ無いと考えてもらっていいでしょう。一応並んでいることもありますが、許容範囲と思います。(20分くらい)

自分が利用したときは待ち時間は無しでした。

車の台数は6台しかないみたいなのでそういう意味では待つこともありうるかな。

場所はミニイーグルの奥にあります。このアトラクションの周りにはベンチがありますんでそこでも一休みできます。

これも他の多くの他の乗り物と同様でワンオペレーションです。